普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

ユナイテッド航空の人員整理、時間削減

ユナイテッド航空が、非組合員の10月までの無給休暇の取得や30%の解雇予定を宣言

United Airlines tells staff to take 20 unpaid days off before October and will lay off 30% of them

https://edition.cnn.com/2020/05/05/business/united-airlines/index.html

航空会社についてのニュースを紹介します。ユナイテッド航空の人事総務のトップは、非組合員の労働時間削減と10月までに20日の無給休暇を取得すること・30%もの解雇予定を述べたということです。

新型コロナの影響で、航空会社のトップたちは、需要が来年にかけて落ち込み、2019年レベルに回復するためには数年かかるという認識だそうです。そのため、全ての規模を小さくしていき、組合員以外の人員の削減の兆候が見られると書かれています。

前述のように10月までに20日の無給休暇の取得を予定したり、一部に対しては週4日労働を言い渡されているようです。

ユナイテッド航空は、35億ドル(3700億円)の助成金と60億ドル(6300億円)の融資が受けられるにもかかわらず、大幅な削減を余儀なくされています。

ファイル:United Airlines A320 in the New Livery.jpg - Wikipedia
ユナイテッド航空の飛行機。デザインはシンプルですが結構好きです

また、2019年のものですが、下記サイトによるとユナイテッド航空は世界第4位

https://www.businessinsider.jp/post-186693

予測できる範囲で、航空の需要はほとんどゼロになっており、給与を一部補填する連邦政府の援助があったとしても、もう何十億ドルもの支出が必要になりそうとのこと。ほとんどの会社にとっては、このような支出は持続可能ではないということです。

コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法(CARES法)によると、9/末までに航空会社が給与を削減したり、非自発的な解雇やそれに対しての許可を出すことは認められていません。その代わり自社買いしたり、自発的な無給や、有給の取得を促すなどはokとされています。

ユナイテッド航空は、全従業員の20%にもなる2万人が無給休暇を取得したと発表しました。また、早期退職パッケージや自社買いを提供していくそうです。

これだけ大きい航空会社ですら、大胆な削減を迫られている、ヤバさが伝わってきますね。海外出張や海外旅行のハードルは今まで以上に上がるのかも知れません。航空会社が儲かっていないと、整備不良なんかも心配です。かといって船は船で危険な香りがしますし・・・。国内の会社に対しても注視が必要だと思います。

以前航空会社の倒産に関して紹介しました。知っている航空会社、ありますか?

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.