普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

世界で最も高価なヒツジ。49万ドル(5190万円)で買い取られました

世界で最も高価なヒツジが、49万ドル(5190万円)で買われました

The world's most expensive sheep has just been purchased for $490,000

https://edition.cnn.com/2020/08/29/world/worlds-most-expensive-sheep-trnd/index.html

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です。本日は、世界で最も高価なヒツジのニュースを紹介します。少し短いですので、是非原文を読んでみて下さい

 

5000万円のヒツジ

今週、スコットランドのオークションで、羊が記録的な値段である35万ギニー、アメリカドルで言うと、約49万ドルで売られていきました。

49万ドル=およそ5190万円

その子ヒツジは、名前を「ダブルダイヤモンド」と言います。テクセル羊協会のニュースリリースによると、このヒツジについては、販売が始まる前から話題となっていたということです。

入札は、10,000ギニー、約13,000ドルから始まりました。 (1万3千ドルは、138万円ほど)

激しい入札合戦が繰り広げられ、羊が3つの農場で共有されるという合意に達するまで、価格が上昇し続けました。

落札者の一人である、ジェフ・エイケン氏はガーディアン紙に対して「(入札の動きは、)競馬や牛ビジネスのような、全く別のビジネスのようでした。時々、特別なことが起こることはありますが、昨日は特別なテクセル種が登場しました。誰もがその一部を欲しがりました」

 

 

テクセル羊協会によると、テクセル羊はオランダ由来の羊で、上質な肉質から、お肉屋さんに好まれます。

家畜が、イギリスのオークションで販売されるときに、ギニー通貨を用いてやり取りすることは伝統的なことで、1ギニーは約1.4ドルで換算されます。(1.4ドルは148円ほど)

 

以前の、羊1頭あたりの最高額の記録は、2009年に23万ポンド、30万7千ドル(3250万円ほど)の値が付けられた羊でした。

 

 

ヒツジの価値・おわりに

興味本位で調べてみましたが、食用羊には数種類あり、一番高級だと言われているのが今回紹介されたテクセル種だといことです。

 

サフォーク:余分な脂肪がなく、赤みが多く、肉質が優れている

ロムニー:毛としても肉としても使われる

テクセル:ラム肉は、脂の少ない最高級肉

 

今回のヒツジは、血統がかなり良いらしく、羊そのものを購入するというよりは、良い遺伝子を購入する意味合いだそうです。厳選したポケモンみたいなものですかね。繁殖して、美味しいヒツジを量産して、元を取ろうという作戦らしいです。。。

日本人には羊肉はまだまだ馴染みが薄いですが、海外ではこうして美味しいヒツジを作ろうと頑張ってる農家さんがいるかと思うと、ちょっとほっこりします。

みなさんも、もし羊を食べることがあったら、見た目や赤身の具合など見てみると面白いと思いますよ。

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.