普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

【新型コロナが流行っているのに】感謝祭で数百万人が旅行

【新型コロナが流行っているのに】感謝祭で数百万人が旅行

Millions traveling for Thanksgiving despite surging Covid-19 cases

https://edition.cnn.com/travel/article/thanksgiving-travel-2020-pandemic/index.html

社畜
こんにちは。毎日ニュースブログの社畜です。本日はアメリカのサンクスギビング・感謝祭の人出に関してのニュースを紹介します

感謝祭 に結局旅行する人々

アメリカでは、新型コロナウイルスの症例が1日20万人に近づいていました。一方で、祝日である感謝祭での旅行が急増しました。
アメリカ疾病予防管理センターは木曜日に、感謝祭であったとしても、出来るだけ旅行しないようにアメリカ人に促すガイダンスを発表しました。しかし、何百万人もの人々が、この休日の週に旅行することを計画していたとされています。
アメリカ運輸保安局の統計によると、金曜日に米国の空港保安検査場で確認された旅行者の数は、3月以来2度目となる100万人を超えたと言われています。それでも、1年前の感謝祭の前の金曜日のボリュームの40%にすぎません。

 

感謝祭のために、家族や友人に加わってお祝いしたいと熱望しているアメリカ人は、新型コロナ感染が拡大していることから、最後の最後に旅行をキャンセルしたりする人も出てきています。

オレゴン州ポートランドの元保健師であるゲイル・ドゥイリオ氏は、休暇と母親の93歳の誕生日のためにミネソタへ行こうとしていましたが、フライトをキャンセルしました。
「1か月前に旅行を決めたとき、私はリスクとベネフィットが、それぞれ行く側に重くのしかかっていると感じました」ゲイル氏はCNNに語りました。今週、リスクを考え、彼女はキャンセルという決断をしました。

 

旅行会社AAAは、新型コロナウイルスの症例が急増し、アメリカ保健当局や、政府当局者が家にいるように呼びかけたため、この感謝祭の旅行は少なくとも10%減少すると予測しています。

AAAは、約4,800万人の旅行者は、目的地まで車で行くと予測しています。これは、AAAが水曜日から日曜日の休暇期間中に車で旅行する人の数が昨年から4.3%減少したことを表しています。

旅行会社によると、感謝祭期間の間、フライトを利用する旅は、ほぼ48%の減少、240万人程度の旅行者になると予想されています。
フロリダ州パームベイの機械エンジニアであるフリオ・ペレス氏は、月曜日に母親に会うためにアトランタへのデルタ航空を利用しています。

「空港にいる間はドアの取っ手に触れないようにします。また、ジップロックに入れてウェットティッシュを取り、更にずっとマスクを着用します。旅行はわずか1.5時間の程度です」彼はCNNにこうメッセージを送りました。

 

航空会社による空の旅は、新型コロナのパンデミックによって破壊されましたが、感謝祭の間の乗客数は、新型コロナのパンデミック期間の中での乗客記録を樹立する可能性があると予想しています。

アメリカ運輸保安局(TSA)は、感謝祭の間で、3月以来初めて乗客数が100万人を超えたと発表しています。
そして、最も忙しい旅行日は感謝祭の前の水曜日とその後の日曜日になると予想していると話しました。

ただし、TSAのデビッド氏は、旅行についてはあくまで「個人の選択だ」と言っています。

 

「私たちは人々に旅行を勧めていません。彼らにとって安全である場合に限り、彼らが旅行している姿を見たいです」とアメリカの業界団体の責任者であるニック・カリオ氏は言いました。

「交通手段が何であれ、可能な限り6フィートのソーシャルディスタンスを維持して欲しいです。飛行機で旅行する人は、マスクを着用する必要があります。また、車で移動する人は、車から降りるときや、身近な人と接触するときは常にマスクを着用する必要があります」

 

終わりに

一部では、新型コロナワクチンの接種が北米では12月半ばくらいから始まるというニュースが出ていますね。もしこれが当たれば、1月くらいから感染者数が減るかもしれません。(ファイザーさん、90%効果あるんですよね。)

そうなれば、ある程度旅行客とかは増えてくる可能性はありますが、今のこの状態でも「新型コロナパンデミックの中での」乗客数は最高を記録するだろうということです。それだけ、アメリカ人にとっての感謝祭は大きい休日だということですね。

来年は、中国の春節どうするの?とかの問題も出てくると思いますが、うまくワクチンが効いて、世界的に収束すればよいですね。

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.