普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

(テドロス)資金凍結の影響を評価

WHOチーフが、資金凍結についての影響を評価

WHO chief: Impact of funding freeze under review

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20200416_06/

アメリカのWHOへの拠出金凍結についてのニュースを紹介します。知っている人も多いと思いますが、アメリカがWHOに対する拠出金を凍結するのではという話関連です。

水曜日にテドロス氏が講演したのは、アメリカからの拠出金の凍結に対する影響を評価(レビュー)しているということです。

この談話は、アメリカのトランプ大統領がWHOへの拠出金を凍結するという計画を発表した後に出されたものです。トランプ大統領はWHOを中国ひいきだ!と批判していました。

テドロス氏は、決定を非常に後悔しているといい、WHOは世界・アメリカの支援の下に貧しい人たちや弱い人たちの健康を守るために活動していくと述べました。また、加盟国にもっと貢献(課金??)することを求め、医療が弱い国を引き続き支援するとも言ったようです。

トランプ大統領は、WHOの対応が悪いため新型コロナのアウトブレイクにつながったと非難。死亡の多くは、彼の言ったことの間違いが原因だと指摘。

一方でテドロス氏は、WHOのパフォーマンスは加盟国と独立機関によってレビューされるとし、その結果から教訓を得るとコメント。加えて、ただし今は、ウィルスを止めること・人の命を救うことにフォーキャスしていきたいと言いました。

WHOの発言まとめは本当に面白いですよね。最初は大したことない!とか移動制限するな!から始まって、間違いもするさ、人間だもの・・・何て言ってましたよね。WHOは課金者に対する態度が露骨でヤバいと言われていますよね。金の力はあるでしょうが、国際機関なのでなるべく中立的に行って欲しいですよね。

文字ばかりですみませんが、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

明日は金曜日、最後まで気を抜かずに頑張ろう!!

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.