普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

ロシアは、タリバンがアメリカ/イギリス軍を殺した場合の報奨金を与えている?

ロシアの諜報官が、タリバンがUS/UK軍を殺すための資金を提供か

Russian intelligence officers offered cash rewards to Taliban fighters to kill US, UK troops in Afghanistan, source says

https://edition.cnn.com/2020/06/27/politics/russia-us-troops-afghanistan/index.html
Patrouille 軍 武器 - Pixabayの無料写真

タリバンとロシアについてのニュースを紹介します。ロシアの諜報官は、最近アフガニスタンにいるタリバンに対して、もしアメリカやイギリス軍を殺した際に褒賞を出すようにオファーしていると、ヨーロッパの諜報官が語りました。

ロシアの動機は不明としながらも、インセンティブ報酬が連合軍の死者に繋がっていると指摘しました。また、ロシアによるこの対応は冷酷で、非難できるものだと話したということです。

このニュースは、最初はニューヨークタイムズによって発表されました。同紙では、アメリカが和平交渉の最中、ロシアの軍事的な機関から報奨金が出ていることをアメリカの機関が結論付けたということを記事にしていました。

CNN | Josh Hallett | Flickr

これに対して、CNNは国防省や国務省、CIAに連絡したようですが、コメントは貰えなかったということです。

一方でワシントンにあるロシア大使館は、「根拠がない」として批判しています。タリバンについても、ニューヨークタイムズの記事を否定しました。

過激派のスポークスマンのムジャヒードさんは、取材に対して「我々はこの主張を拒否します。19年にも及ぶジハードは、外国や、その諜報機関から恩恵を受けるものではありません」と答えました。

本ブログでも以前記事にしましたが、トランプ大統領は、アフガニスタンについては軍の縮小を目指しており、秋以降までに4000人の軍を撤収し、在アフガニスタンのアメリカ軍を8600人→4500人まで減らしていこうとしています。

アメリカには、本当にたくさんの報道機関があり、いわゆる「飛ばし」記事も多いです。今回のニューヨークタイムズの情報は、トランプ大統領も会議を開いたりしているということで、完全な嘘ではなさそうですが・・・。自国の敵対国を攻撃している武装勢力に対して資金提供を行うことは、正直あるのだと思いますが、一定の根拠を基にして解明されれば良いですね。

新型コロナが猛威を振るう中、戦争している場合ではないと思います。以前結ばれた、タリバンとアメリカの和平は良いことですので、挫折しないと良いのですが。

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.