普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

自然に戻る。採れた食べ物を食卓に運ぶシェフ

自然に戻る。あるシェフは、採れた食べ物をそのまま食卓に運びます

Return to the wild: The chef bringing foraged food to the table

https://edition.cnn.com/travel/article/wild-food-foraging-south-africa-spc-intl/index.html

社畜
こんにちは!毎日ニュースブログの社畜です。本日は食に関するニュースを紹介します。自然の食材を活かす、原点回帰がテーマになっています。

 

野生の食材を使用するために大切なこと

ローシャナ・グレイ氏は自然の中で育ちました。10代のころ、彼女は南アフリカのケープタウンで、両親と一緒にキノコを採取していました。

そして今から14年前、沿岸部に引っ越した彼女はその後、野生の食べ物を完全に受け入れることが出来ました。(タイトルにも挙がっているWild Foodですね。)

彼女は、自分のティーガーデン(茶を植えた小規模な庭)を持ち、アイスティーやケーキに食用の花・ハーブを加えました。そして、野生の味を少しづつ試していきました。

その後、彼女はパーソナルフードシェフになり、夏にはベルドクール(アスパラガスに似た野生野菜)やムール貝などの食材を毎日探しています。

「食材は、可能な限り新鮮な状態で、可能な限りあなたの家の近くで収穫することが、あなたにとって望ましいと思います。もし、あなたが自然の食材について考えているのなら、これらのチェック項目は抑えておく必要があります」このように彼女は話します。

 

過去数か月の間に、グレイ氏は、インスタに投稿した野生の食材を使用した料理のレシピに対する興味が高まってきていることを発見しました。

ですが、グレイ氏はこのように話します。「真に自然の食材を採っているような人は、どのソーシャルメディアにも露出していません。彼らは野生に帰り、山で仕事をしているのです」

味の季節

野生の食品は、基本的に人間が栽培していないものと考えられており、通常は食用の雑草や花から海藻や貝類まで、その土地固有のものです。ですので、野生の食材は収穫シーズンに依存します。

その点、ケープフローラル地方には、選択肢がたくさんあります。ユネスコによって、植物の生物多様性にとって地球上で最も特別な場所の1つとして認定されており、9,000以上の植物が生育しています。

ケープワインランズ生物圏保護区のCEO、マーク・ハイスタイン氏によると、「このあたりの食材は、地球上で最も古い、原始の人々の1つであるコイ族の人々にとっての主食でした」とのことです。

「更に、ルイボス茶のように、世界中に輸出されている健康茶も自生しています」

野生のローズマリーや、野生のセージが鶏肉のマリネに使用されています。
ジューシーな野生のサンフィアとクルイプギーは、サラダにとってスパイスになります。そして、ブランデーは、土着の植物であるブーチュというもので代用されます。

2017年以降、グレイ氏は、ワークショップを通じて地元の人々や観光客と食の風景を共有してきました。

ケープタウンでの冬について、グレイは「味の季節」と言ったり、「西ケープ州の降雨地域で、すべて(食用の素材がたくさんあるという意味だと思います)が生きている時期」と呼んでいます。

グレイ氏は、大西洋とインド洋に面するケープタウンの南約70キロにある、彼女の会社 ””Veld and Sea”” を通じてワークショップを運営しています。

彼女は、野生の食材を採取する方法を沢山の人に教えていますが、その人数を見積もっています。

パンデミック前、彼女の採取クラスでは、グループは地元の沿岸の岩場に連れて行かれ、一連の食用海藻種・貝と昼食の材料を集め、その後レシピを作成して共有するということを行っていました。現在、一部の制限は解除されていますが、彼女は変わらずにオンラインでのファンのための活動を続けています。

Veld and Seaは、ロックダウン中に最大22人のグループ向けに10のオンラインワークショップを実施し、プレイリストと、ドリンクのレシピを提案しています。

「スクリーンを通じて人々と自然とのつながりを生み出すことができるのは非常に皮肉なことです」とグレイは言いました。

そして最後に、「この時期、人々の自然に対する認識、そして私たちとのつながりには、必ず変化があると思います」と締めくくりました。

 

おわりに

オーガニック食材など、自然由来の食材を大切にする動きは、確かにここ最近出ているように感じます。今の生活で必要な食べ物全てをこういった天然から採ったもので・・・というのは難しいでしょうが、本記事に書いてあるように「スパイスだけ」「飲み物だけ」ということなら、ハードルがグッと下がりますよね。自分は、不健康なラーメンとか大好きなのでちょっと難しいですが、ちょっとした食材を変えてみるというのも楽しいかも知れませんね。

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.