普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

幸せの黄色いカメ?インドで珍しい黄色いカメが見つかる

幸せの黄色カメか・・・インドで珍しい黄色いカメが見つかる

Rare yellow turtle discovered in India

https://edition.cnn.com/2020/07/21/asia/india-yellow-turtle-found-scli-intl/index.html?iid=ob_lockedrail_topeditorial

 

社畜
こんにちは!毎日ニュースブログの社畜です!本日はアルビノに関する英語ニュースを紹介します!!

 

 

インド東部の農民は、専門家がアルビノであると言う黄色いカメを見つけました。バスデブ・マハパトラさんという人が、彼の職場であるスジャンプールの村で働いている時に発見し、それを家に持ち帰ることを決意しました。インド森林当局のスサンタ・ナンダさんは、火曜日にCNNに話しました。

マハパトラさんは、日曜日にカメを発見し、保護の専門家と呼ばれる森林当局に手渡しました。

 

 

アルビノの「インドハコスッポン」

File:Lissemys punctata4.jpg - Wikipedia

多様性保護の理事で、野生動物・生息域の保護を仕事としている、シッダールタ・パティ氏は「このような種類のカメを見たのは初めてだ」とCNNに対して答えました。

パティ氏は、このカメの色は白皮症(アルビノ)によるものであると話しました。

 

 

 

 

デンマーク, 動物, 動物公園の無料の写真素材
アルビノ。白のイメージがありますが、一部の色抜けもあり得るので、すべてがすべて白とは限りません。

 

アルビノについては、先天性疾患であり、一部もしくは全身のチロシン色素(メラニン色素の元)が抜けてしまっていることが特徴とされています。

もちろん、遺伝子の変異で時々メラニン色素の欠乏が起きることもあります。

 

パティ氏は、現在このカメはバラソールの自然に返されたと付け加えました。

このカメは、「インドハコスッポン」というカメで、成体だったということです。1歳半~2歳くらいだと信じられているそうです。

「私たちは、頻繁にカメやカニを発見し、水の中に戻しています。しかし、アルビノのカメが見つけられたのは、インド全体で2回目で、オディシャでは初めてです」と、パティ氏は話しました。

 

インドハコスッポンは、主にパキスタン・スリランカ・インド・ネパール・バングラデシュ・ミャンマーで発見されます。それは雑食で、食事はカエル、カタツムリ、さらにはいくつかの水生植物だと、彼は付け加えました。

2016年には、アルビノのミドリガメがオーストラリアのビーチで見つかっています。ボランティアたちは、その小さいカメを見て「Amazing」と驚いたそうです。

 

 

おわりに

色が変わってる - 写真共有サイト「フォト蔵」
色変化画像なので、色違いとは少し違いますが、こういうの興奮します。

アルビノについては、神聖なものと言われていることもあれば、不吉の象徴と言われていることもあります。私はポケモン脳・ドラクエ脳なので、「色違い」には興奮します。皆さんも普段の日常の中で「珍しい発見」があると良いですね。

 

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.