普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

ラーメンピザ?ピザハット台湾がクレイジーな組み合わせを明らかにした

ラーメンピザ?ピザハット台湾がクレイジーな組み合わせを明らかに

Ramen pizza? Crazy mashup revealed by Pizza Hut Taiwan

https://edition.cnn.com/travel/article/pizza-hut-ramen-pizza/index.html

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です!本日は、ピザラーメンについてのニュースを紹介します。6/末と少し古いですがご容赦ください

 

 

ピザとラーメンが合体??

このピザを食べるためには、お箸が必要となるでしょう。

ピザハット台湾は、麺屋武蔵とタッグを組みました。日本からの人気ラーメンと合体し、世界初のラーメンピザを提供します。

この新しいピザは、とんこつラーメン(豚の骨からダシを取ったラーメン)のトッピングに、太麺、豚肉のスライス、白ごま、新鮮な唐辛子、そして中央に半熟卵が入っています。

側面には、ネギとタケノコが添えられています。

それは、ピザハット台湾が出した最初のギミック(変な食べ物シリーズ)ではありません。

以前、何種類かのピザを販売しています。「ドリアンピザ」「タピオカピザ」「臭い豆腐ピザ」です。

後者の2つは、「台湾のベストストリートフードシリーズ」の一部になっています。

パイナップルとチキンのトッピングのピザをまだ乗り越えようと頑張っている、「純粋にピザが好きな人たち」は、ピザとラーメン、2重の炭水化物の攻撃にさらされるでしょう。

しかし、ピザハットのマックアンドチーズのトッピングや、チーズバーガーを詰めたクラストなど、長年にわたるグローバルな革新をピザハットは継続し、私たちはそれを食べ続けるでしょう。

 

 

台湾を楽しもう!

 

ピザハット台湾がCNNに話したこととして、これらのクリエイティブなピザはお客さんに楽しんでもらうための手段だということです。

「台湾の消費者は、長時間労働と高い生活費によって、息苦しい生活を送っています。そういう中、創作料理は刺激的で創造的であり、台湾人は、日々のプレッシャーを和らげる喜びの瞬間をこれらに求めています」こう話したのは、ピザハットのマーケティングディレクター、リリー・チョウ氏です。

チョウ氏は、新しいシリーズは、台湾が日本の文化に賛同し・愛情を持っているから発表されると話しました。

 

ピザハット台湾は、2020年3月の初めに、抹茶、小豆、餅をトッピングにした甘い抹茶ピザを発売しました。

チョウ氏は、「私たちはそれを「WOWプロダクツ」と呼んでいました。これらのトッピングをピザに付けることを決して期待しないが、とても美味しいことを意味します。あなたがピザを食べる、その瞬間を楽しくします」と語りました。

麵屋武蔵台湾はFacebookで「謝罪」を表明しました。冗談めかし、中国語で「最初に日本はタピオカラーメンを導入し、台湾の人々を怒らせ、日台関係を悪化させました。その時、ピザハット台湾と手を組んで、日本とイタリアを横断するようなメニューを作りました」

これらは、純粋にマーケティングの仕掛けなのですが、新しいピザはインターネット上で議論を巻き起こしています。

台湾で人気のあるフォーラムで、あるネチズンは「半熟卵をどのように分割すべきか?」という重要な質問をしました。また、ある別の人は、組み合わせはお好み焼きに似ていると言いました。これは小麦粉、豚肉、キャベツ、そして時には麺が付いた日本風のパンケーキの一種です。

ピザハットは、良く分からないようなトッピングで遊んでいる、唯一のピザ屋さんではありません。ドミノのタピオカピザは驚くべき人気を誇り、通常のメニューとして、その地位を確保しています。

一部のフォーラム参加者は、ピザの上に他に何を載せることが出来るかについての提案を行いました。

スパイシーな鍋料理のピザやカキの春雨のピザ・・・などです。

ラーメンピザを食べる際に、手と箸のどちらを使うべきかという答えについて、シュウ氏は「ラーメンピザを食べるのに、さまざまな革新的な方法を歓迎しますが、それは間違いなく手で食べられる最初のラーメンになるでしょう!」と締めくくりました。

 

 

おわりに

最初から最後まで想像を絶する内容でした!ラーメンピザにタピオカピザ??この記事を読まなければ、一生食べることはないでしょう。。。

基本的にこのブログは、海外ニュース紹介をテーマにしていますが、ちょっと作って食べてみた!というようなレビュー記事も書いてみたいと思いました。

色々と自分にとってモチベーションの高まるニュースでした。

 

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.