普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

旅行者が飛行機の翼の上を歩いている、衝撃の瞬間

衝撃の瞬間。旅行者が飛行機の翼の上を歩きました

The shocking moment a passenger took a walk on an airplane wing

https://edition.cnn.com/travel/article/passenger-takes-walk-on-airplane-wing/index.html

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です。本日紹介するのは、飛行機の翼の上を歩きながら機内に入っていく人のニュースです。普通のルートではないですね。間違いなく・・・

短めなので、興味があればリンク先の動画と合わせて見てみて頂ければと思います。

 

 

ショートカット?飛行機の翼の上から機内へ侵入する旅行客の動画が話題に(実際は機内から機外へ一時的に出た)

私たちは誰もが、飛行機の中で待ちぼうけになるというイライラを経験します。旅の終わりに近づいても、技術的な問題が解決するまで待つことを強いられ続けます。

しかし、常識的にほとんどの人が自分でドアを開けるというようなことはしません。しかしながらウクライナの、とある乗客が最善の行動だと決断したのは、非常口を開いて航空機の翼を歩くことでした。

 

キエフのボリスピリ国際空港で、白いトップと薄ピンクのズボンを着た女性の1分間のビデオが公開されました。見物人がいる前で、飛行機の翼の上に出て歩きました。

トルコのアンタルヤからウクライナの首都まで、夫と子供と一緒に旅行していた身元不明の乗客は、「暑すぎる、体を少し冷やす必要がある」などと言っていたと報告されています。

この女性は、ボーイング737の翼を無許可で歩いたため、今後ウクライナ航空を使用することを禁止されてしまいます。
航空会社の声明によると、空港の警備員と警察が医師とともに現場に参加し、女性は「アルコールや薬物の影響を受けていない」と判断されました。
ウクライナの航空会社は、不十分な「親の手本」を見せたとして、乗客の女性を批判し続け、彼女が「罰金という形で非常に高い金銭的ペナルティ」を受ける可能性があると強調しました。
ボルィースピリ国際空港のスポークスパーソンは、8月31日に起こったこの事件についてコメントを避けたということです。

 

 

感想

特別なことはありません。今日は面白ニュースの紹介でした。

着陸後に何となく機内で待たされることはありますよね。ですが、暑いからと言って緊急ボタンでその辺のドアを開けて外に出ようとは思いません。。。この発想自体が少し変わった人だなという印象を受けます。

英単語自体は、短い文章のわりに難しいものが多かったと思います。これはどういう意味??という文が多く見られました。ブログを始めて半年たちましたが、英文を読む力は増してきているのでしょうか・・・。疑問です。

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.