普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

インドとバングラデシュに大型サイクロンが接近

インドとバングラデシュに大型サイクロンが接近

India and Bangladesh are already suffering with coronavirus. Now a super typhoon is heading their way

https://edition.cnn.com/2020/05/18/asia/cyclone-amphan-india-bangladesh-intl-hnk/index.html

災害関連のニュースを紹介します。インドとバングラデシュの国境付近に、大型サイクロンが接近しているようです。インドとバングラデシュは、現在も新型コロナに苦しめられていますが、サイクロンにより更に打撃を受ける可能性があります。

Ficheiro:Flooding after 1991 cyclone.jpg – Wikipédia, a ...
1991年のサイクロンの爪痕。バングラデシュ。

サイクロン’’アンファン’’は、カテゴリー4の大西洋ハリケーンに発達しました。時速240kmの風になっていますが、水曜日頃に勢いが弱まっていくということです。記事には、例え勢いが弱まったとしても、劇的な被害が出ると書かれています。

アンファンは、人口密度が高くインフラが整っていない場所の近くに上陸する予想です。また、低地の三角州のような場所では、9mほどの高潮も予想されています。

緊急事態の中で、初めてのサイクロン災害になると考えられており、また地域的にも自然災害による被害が大きくなりがちな地方だということです。バングラデシュでは、22,268人の新型コロナ感染者、328人の死亡が確認され、インドでは96,169人の新型コロナ感染者と3,029人の死者が出ています。この2か国では、いまだに感染の勢いが弱まっていないようで、インドでは24時間で、5,000人の新規感染者が発生しているということです。

対策として、密集するような避難所が設置され、新型コロナ対策で必要な社会的距離が確保できないなど、サイクロンの対策と新型コロナの対策が両立できないことがあると書かれています。

インドの一部地方とバングラデシュ国境付近にはサイクロン警報や災害対策部隊が置かれ、警戒を強めています。

File:Rohingya Camps in Cox's Bazar, Bangladesh.jpg - Wikimedia Commons
難民キャンプ。大雨が降ったらどうなるか、簡単に想像できます

難民キャンプに大雨が降る恐れがあり、結果として水害や衛生状態の悪化により、新型コロナが蔓延するのが最悪のシナリオと考えられています。ウィルスが広がりやすい環境が災害により醸成されるということです。

日本についても、先日台風1号が発生しています。幸いなことに直近の日本での新型コロナ感染者数の増加は抑えられているようですが、季節の変わり目で体調を崩しやすいということがあると思いますので、くれぐれもご安全に。

それでは、本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.