普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

医療用マスクがベストか。布マスクの機能について研究者が語る

布マスクは医療用マスクと同じようには機能しないと研究者は語る

Cloth masks don't work as well as medical-grade versions, researchers say

https://edition.cnn.com/world/live-news/coronavirus-pandemic-07-09-20-intl/h_9444564064302d6e3f27a9a0691993da

久々に新型コロナ関連のニュースを紹介します。布マスクは、何もマスクを着けていないような人からの感染を防ぐことに対しての効果があります。しかし、それらは医療用マスクと同じグレードではなく、ヘルスケアワーカーにはおススメできないと研究者が語りました。

オーストラリア、シドニーのニューサウスウェールズ大学の研究者が言うことには、布マスクはあまり良く機能しなかったということです。

布マスク VS 医療用マスク

ピッタマスク | Tatsuo Yamashita | Flickr
ウレタン製のマスクは、どうなんでしょうね。

2015年に比較試験を行い、布マスクと医療用マスクの効果の違いを調べました。そしてベトナムのヘルスケアワーカーの間で標準的な試みを行いました。ある疫学者とその同僚が、「Emerging Infectious Diseases」という雑誌に論文を掲載しました。

彼らは、ワーカーに呼吸器感染症を含むインフルエンザのような症状がないかどうかをチェックしました。

  

感染率は、医療用マスクよりも布マスクの方が高かったということです。この発見は、「感染リスクは布マスクの方が大きい」ことを意味しています。テストしたマスクは、地元メーカーで製造された2層式の綿マスクでした。テスト参加者は4週間の期間で5枚のマスクを与えられ、毎日石鹸と水で洗うように言われました。パフォーマンスが低かったのは、洗浄が頻繁でなかった・マスク自体が湿って汚染されてしまったことが考えられます。

研究チームは、他にも19件のマスクに関わる研究をレビューし、マスクの「生地」が重要だということに気が付きました。

  

  

  

布マスクの機能を決定する要素

パターン 背景 ギフト - Pixabayの無料画像
メッシュの作り方は、色々あります。

布マスクのフィルターの有効性は糸の数・層の数・繊維のタイプ・耐水性などの多くの要素に依存します。最近の証拠は多層マスクで、かつ耐水、糸の数が多く、織が細かいものが防護性が高いのでは?と言われているという風に書かれています。

文章長いですが読みやすいので読んでみましょう。

“Filtration effectiveness of cloth masks depends on many factors, such as thread count, number of layers, type of fabric, and water resistance,” they wrote. “Current evidence suggests that multilayered masks with water-resistant fabric, high number of threads, and finer weave may be more protective.” 

結局のところ新型コロナ対策として、研究者は「ヘルスケアワーカーはN95マスクか、医療用マスクを装着すべき」と話しました。

File:3M N95 Particulate Respirator.JPG - Wikimedia Commons

パンデミックの中、布マスクはオプション的にのみ利用可能です。医療用マスクや人工呼吸器が使用できない中なら、最終手段として使用する必要が出てきます。

“During a pandemic, cloth masks may be the only option available; however, they should be used as a last resort when medical masks and respirators are not available,” they concluded. 

弊社でも布マスクを着けている人は少なくありません。以前別の記事でも書いたかもしれませんが、日本では効果云々よりも「マナー」「エチケット」としての側面が大きくなってきているように感じます。根本的には、密を避ける・不要な外出を避けることが重要だと思いますので、皆さんもマスクは鉄壁!!ではないということを認識して欲しいです。

  

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.