普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

新型コロナのパンデミックで、日本企業の外国人研修生が苦境に

新型コロナのパンデミックで、日本企業の外国人研修生が苦境に

Japanese companies leave foreign trainees in limbo amid pandemic

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/1316/

社畜
こんにちは!毎日ニュースブログの社畜です!本日は以前にも似たようなニュースは取り上げましたが、外国人研修生についてのニュースを紹介します

 

退職理由は「自己都合」 新型コロナで減る外国人研修生の働き口

「どうしたらいいのか分かりませんでした。私はこれまでそのようなことを経験したことがありません。」 27歳のカオ・ヴァン・ソン氏は、国が設けているインターンシッププログラムを利用して、ベトナムから日本に来ました。しかし、1年も経たないうちに、彼は自分が仕事を辞め、帰国せざるを得なくなったことに気が付きました。
ソン氏は昨年10月に日本に来日し、東京の会社に雇われました。彼は会社の寮に住み、主に市内のホテルで働き、できる限りのお金を両親に送り返しました。休みの日は、日本語を勉強するのに使っていました。

 

ソン氏は、日本を去る前に雇用主から「意思確認書」というタイトルの書類に署名するように迫られたと言います。これは、署名者がトレーニングプログラムを一時停止し、自由意志で帰国することを確認するためのものでした。

ソン氏は、日本への旅行の資金として部分的に使用した約9500ドル程度のローンを返済しなければならなかったので、仕事を続けたいと雇用主に言ったそうです。しかし、彼は会社の役人に囲まれていて、文書に署名するしかない雰囲気を感じたと言います。

 

日本の厚生労働省は、8月28日現在、新型コロナウイルスによる経済的な問題のため、3,428人の外国人技術研修生が解雇されたと述べています。しかし、この数字は解雇のみを対象としていて、自分から退職したとして報告されているソン氏のようなケースは含まれていません。

日本でベトナム国民を支援している、非営利団体の日本ベトナム相互支援協会は、ソン氏のような多くの元研修生が助けを求めていると言います。このようなケースで、日本の雇用主は、研修生が彼ら自身の自由意志で辞めていると主張していると話しています。

「企業が研修生にこういった意思確認の署名を強制する理由はいくつか考えられます。今の所の主な問題は、会社の財政が苦しいことを理由にして、従業員を解雇することを認めた場合に、次回研修生を雇用する際に政府の監視が厳しくなるのではと会社側が心配していることだと思います」と、神戸大学の准教授、斉藤義羽氏は述べています。

ソン氏の元雇用主は、彼がベトナムに帰るために辞めたいと言った後に、彼を解雇したと、NHKからの取材に対して主張したということです。

 

 

新しい仕事を見つけるためのチャレンジ

ソン氏は日本ベトナム相互扶助協会の助けを借りて、新しい仕事を見つけようとしました。しかし、「意思確認書」が彼の努力を妨げるものとなってしまっています。技術留学生のプログラムの下では、留学生は原則として自由に仕事を変えることができません。しかし4月に、政府はルールを変更しました。

コロナウイルスの発生により解雇された研修生は、農業や介護を含む14の括りの仕事の中で、新しい仕事を見つけることができるようになりました。これらを最長で1年間続けることが許されています。

しかし、自ら辞めた研修生はこの措置の対象にはなりません。そして「自由意志の確認」によれば、ソン氏はまさにこれに当てはまってしまうのです。

「日本に来てからまだ1年も経っていないので、日本の法律や制度が理解できていません。日本で必要な情報を入手することは、難しいのです」とソン氏は言います。

 

日本ベトナム相互扶助協会は、ソン氏の法務省への訴訟を起こすのに4か月を費やしました。結局、新型コロナウイルスの経済的影響のためにソン氏が解雇されたことを政府は認め、彼はついに栃木県の食品加工会社に就職するための許可を与えられました。しかし、日本ベトナム相互扶助協会の長である吉水氏は、ソン氏のケースは、運が良かった場合の1つであると言います。似たようなケースでのほとんどの場合は、新しい仕事を見つけることができませんでした。

2019年の12月時点で、約41万人の外国人研修生が日本で働いています。

 

 

終わりに

前回紹介したのは、外国人の大学生のニュースでしたが、今回は実際に日本で仕事している外国人技術留学生のケースです。

自分の身の回りにはこういうケースはありませんが、日本中で見ると、いくらでもあり得るのでしょう。

 

 

下記が以前紹介した記事ですので、興味があればご覧ください。

新型コロナで、外国人留学生が悲惨な目にあっています

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.