普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

熱帯低気圧による洪水により、東南アジアで犠牲が出ています

熱帯低気圧による洪水により、東南アジアで犠牲が出ています

Dozens killed in floods across Southeast Asia as tropical storm Nangka approaches

https://edition.cnn.com/2020/10/13/asia/vietnam-cambodia-nangka-intl-hnk/index.html

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です!本日は東南アジアで洪水によって犠牲者が出ているというニュースを紹介します。

 

 

ベトナムに熱帯低気圧が襲来

熱帯低気圧ナンカにより、ベトナム沿岸が強風に襲われています。また、長く続く大雨と鉄砲水によって、ベトナムとカンボジアで40人近くが死亡し、救助隊を含めた数十人が行方不明になりました。

当局と国営メディアによると、10月はじめから続く大雨により、ベトナム中部のいくつかの州で致命的な洪水と地滑りが発生し、カンボジア西部では、何千人もの人々が避難している状態だと言います。

洪水は、今後数日で悪化すると予想されており、熱帯低気圧ナンカは今週の水曜日にベトナムに上陸すると想定されています。この上陸によって、ベトナムに多くの雨が降ると予測されています。
気象庁によると、ナンカは時速100キロメートル(時速62マイル)の風速で、ベトナム北部と中部の一部で最大400ミリメートル(16インチ)の大雨を引き起こすとのことです。(1平方メートルあたり400Lの雨が1日で降るということです。ヤバい。)

 

 

地元メディアによると、洪水の影響により、ベトナムでは少なくとも28人、カンボジアでは11人が死亡し、約25,000戸の家屋と84,000ヘクタールの作物が被害を受けました。
ベトナムの災害管理当局は、13万戸以上の家屋が影響を受けたと発表しています。

政府の声明によると、ベトナムの首相、グエン・スアン・フック氏は、国防省に対して、地滑りの現場にさらに多くの救助隊を送るように指示を飛ばしたということです。
しかしながら、本日火曜日の朝の時点で、救助隊は大雨・地滑り・高い水位のために現場に到着することができなかった、と付け加えられました。

 

おわりに

日本でも毎年のように台風による水害は発生します。このニュースは、東南アジアで熱帯低気圧による影響が出ているというものでした。東南アジアは、雨季と乾季でしっかり分かれていてメリハリがあるイメージでしたが、それでもこれほど犠牲が出るような被害ということで、世界的にも異常気象なのかな?と疑ってしまいます。

地域によっては本当に他人事ではないと思うので、非常食など取ることが出来る対策はガッツリ取って、不測の事態に備えたいものです。

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.