普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

大臣:再度の緊急事態宣言も、考えられる

大臣:再度の緊急事態宣言も、考えられる

Minister: State of emergency could be considered

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20201231_02/

社畜
こんにちは!毎日ニュースブログの社畜です!本日は日本で再び緊急事態宣言の機運か??というニュースを紹介します

 

緊急事態宣言で変わるのか?大臣が言及

日本のコロナウイルス対応担当大臣は、新型コロナウイルスがさらに日本中で蔓延し続ける場合、政府は非常事態宣言を検討する可能性があると話しました。

西村康稔 経済活性化大臣は水曜日にツイッターで発言しました。彼は、そのような(緊急事態宣言を再び出す)動きは、人々の命を守るために考えられるかもしれないと言いました。彼は、新型コロナウィルス感染拡大は、どんな犠牲を払っても止められなければならないと言いました。

西村氏は、この年末年始は、家族とだけ過ごすよう呼びかけました。

新型コロナウイルスが蔓延している地域(東京などでしょう)から帰省する人々に対しては、特に年配の両親に会う際に注意するように要求しました。具体的には、家の中に入らずに、家の入り口で両親に挨拶するようにするなどのアドバイスをしました。

西村氏はまた、普段会うことのない人と会うことを控え、年始の初詣を遅らせるように呼びかけました。

一方で、国立国際医療研究センターの久津奈聡博士は、ソーシャルメディアで東京の医療サービスシステムはすでに崩壊していると話しました。

医師はまた、新型コロナウイルスがさらに広がると、通常の方法で救われる可能性のある命を救うことが不可能になると述べました。(普通に救急搬送されてくるような人もいますし、そこまで手が回らなくなるということでしょう)

 

おわりに

今年は、新型コロナの関係で帰省する人も少ないのではないでしょうか。私も今年は帰省を見合わせ、すこし豪華なご飯で正月祝いにする予定です。

一方で、東京などの感染拡大地域から帰省し、案の定新型コロナ陽性が発覚・・というニュースも出てきています。

インフルエンザとは違い、指定感染症となっているので、軽い気持ちで帰省した本人だけの問題にならないケースもあります。村八分状態になって引っ越しを余儀なくされるなど。

来年もどうなることやら不安であありますが、個人レベルで可能な限りの対策を行い、静かなお正月を過ごせればと思います。

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.