普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

アラスカでマグニチュード7.8の地震が発生

アラスカでマグニチュード7.8の地震が発生

Preliminary magnitude 7.8 earthquake strikes off coast of Alaska

https://edition.cnn.com/2020/07/22/us/alaska-7-8-magnitude-earthquake/index.html

 

 

社畜
こんにちは!毎日ニュースブログの社畜です!今日は短いですがアラスカで起きた地震について紹介するよ!!

 

 

 

アラスカのペリービルで大地震

SVG > アラスカ アメリカ合衆国 状態 - 無料のSVGイメージ&アイコン ...
アラスカの左下、出っぱっているところで起きた地震です

アラスカで、水曜日の朝早く、マグニチュード7.8の地震が発生しました。地震は、アメリカの地震調査によると、アラスカ州ペリービルの南南東60マイル(98km)の所で発生しました。地震は、深さ6マイル(10km)と、非常に浅いところで起きたということです。

 

「深さ70kmよりも浅いところで起きたら、それは””浅い地震””と呼ばれます。これは重要なことで、浅いところで起きた地震は強さに関係なく、深いところで起きた地震よりも、しばしば大きなダメージを引き起こします。」CNNの気象学者のアリソン氏は、以前そう語りました。

マグニチュード2.8から6.1の範囲で、火曜日の終わりから水曜日の初めにかけて地震自体は20回以上発生したということです。

 

津波警報も発令

波 チューブ サーフィン - Pixabayの無料写真

そして、国立大洋・大気庁によると、地震後には津波警報が出されました。この注意報は、南アラスカとアラスカ半島で有効でした。しかしながら、この津波警報はのちにキャンセルされました。

アンカレッジデイリーニュースによると、この警告は、1000人以上の人をサンドポイントという都市にある、高台に避難させたそうです。

サンドポイントの人は、オフィシャルがすべて問題ないと発表した真夜中すぎまで、とある高校に集まっていました。

サンドポイントで、スタッフと会っていたキーラー氏は、「最初の波は、結果的に来なかった。それはとても良いことだった」とアンカレッジデイリーニュースに語りました。そして、アラスカ島自体が大きく損傷したというような報告は入らなかったと新聞に対して答えました。

マグニチュード7.8って実際どれくらい?

緊急 災害 水 - Pixabayの無料ベクター素材

ちなみに、阪神淡路大震災が、マグニチュード7.3、深さ16km。新潟中越地震がマグニチュード6.8、深さ13km。そして東日本大震災がマグニチュード9.0、深さ24km(ただし海底)だったということですので、相当強い地震だったということが分かりますよね。

日本では、南海トラフが来るとか言われてます。皆さん、備えは大丈夫ですか?うちは、買いました。備蓄。それもたくさん。。。

 

 

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.