普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

12歳の少年が6900万年前の恐竜の化石を発見

12歳の少年が6900万年前の恐竜の化石を発見

A 12-year-old found a 69 million-year-old dinosaur fossil while hiking with his dad

https://edition.cnn.com/2020/10/16/world/canada-dinosaur-find-12-year-old-trnd-scn/index.html

社畜
こんにちは!毎日ニュースブログの社畜です!本日は、ある少年がハイキング中に恐竜の化石を発見したというニュースを紹介します

 

父親とのハイキング中に化石を発見

ネイサン・フルスキン君は、自分が覚えている限り古生物学者になりたいと考えていました。そして、この12歳の子供は、重要な発見をしました。

彼は、カナダのアルバータ州バッドランズにあるホースシューキャニオンの自然保護区で、父親と一緒にハイキング中に、部分的に発掘された恐竜の化石を見つけました。
「実際の恐竜の発見のように、本物のようなものを見つけるのはかなり驚くべきことだ」と彼はCNNに語りました。 「しばらくの間、夢を見ているような気持ちでした」

ネイサンは約1時間半の距離にある、カルガリーの7年生です。
カナダの自然保護区からのニュースリリースによると、化石はハドロサウルスの腕から上腕骨でした。これは、約6,900万年前に生息していたアヒルのくちばしの恐竜です。

 


ネイサンと彼のお父さん、ディオンさんは、以前のハイキングでもその地域で骨片を見つけ、その骨片は、丘のさらに上から流されたのではないかと考えました。
ネイサンが丘を登って状況を見ていたとき、ディオンさん達は、ちょうど昼食を終えたところでした。

「彼は私に電話をかけ、「お父さん、ちょっと起きてこっちに来てよ」と言いました。彼の声のトーンで、何かを見つけたんじゃないかと分かりました」と父のディオン氏は言いました。

 

ネイサンは、化石は非常にクリアであり、「テレビ番組や漫画などのシーン」のように見えたと話しました。
骨の写真は、王立ティレル古生物学博物館に送り、そこで何の化石なのかを特定し、古生物学者のチームがその場所に派遣されました。
アルバータ州では化石は法律で保護されており、見つけた化石は先ずはそっとしておくことが重要であると考えられています。
発表によると、考古学者チームは現場で約2か月間働いており、約3〜4歳の若いハドロサウルスの30〜50個の骨を発見したということです。

 

声明によると、ハドロサウルスの骨はアルバータ州の荒れ地で見つかりましたが、幼い骨格はほとんど見つかっていません。また、通常、化石が出てこないような岩の層にも見られました。
「この若いハドロサウルスは、どのような種類の恐竜や動物が住んでいたかについて、あまり知られていない時代の層から来ているため、非常に重要な発見です。ネイサンとディオンの発見は、恐竜の進化に関する知識のギャップを埋めるのに役立つでしょう」と、ロイヤルティレル博物館の学芸員である、フランソワ・テリエン氏は声明を出しました。 学者たちは化石を掘り返す際に、峡谷の壁から周囲の岩の大きな断片を取り除きました。

 

ネイサンは以前から、ハドロサウルスのことは知っていましたが、その恐竜は、最も有名な恐竜ではないと言っていました。
ですが今、彼のお気に入りは間違いなくハドロサウルスで、一般的に非常に人気のあるティラノサウルスよりも彼にとっては特別です。
ネイサンと彼のお父さんは、この化石発見以来何度か掘り出しの状況を見に来ており、発掘チームが最後の標本を運んでいた時もそこにいました。
ネイサンは、「実際の発掘現場に立ち会い、専門家が作業する姿を見るのはとても楽しかった」と話したということです。

 

終わりに

アメリカにはたくさんの自然保護区があります。国自体も広いので、こういった化石発見などのロマンが溢れていると思います。

日本ではこのような発見はかなり珍しいと思いますが、アメリカならではでしょう。恐竜関係はどんな子供でも大体好きでしょうし、この発見者の子どもも一生の思い出になるでしょう。

最近は外にもあまり出なくなりましたが、このようなことが起こるなら、ハイキングも悪くないですね・・・。

 

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.