普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

新型コロナの新規感染数が増えています

新型コロナの新規感染者数がこれまでにない速度で増加中

Confirmed coronavirus cases are rising faster than ever

https://edition.cnn.com/2020/06/05/world/coronavirus-cases-rising-faster-intl/index.html
上昇グラフ 棒グラフ 進行状況 - Pixabayの無料画像

新型コロナの世界の広がり方についてのニュースを紹介します。新型コロナの1日の感染者数合計が10万人を超えています。

ジョンズホプキンス大学のデータによると、4月は、1日のうちで新規感染者数が10万人を超えるようなことはありませんでした。しかし、6月3日は、13万400人が新規感染者として報告されました。

新規感染者数は、パンデミックの初期段階で流行し、大きな打撃を受けた中国・アメリカ・イギリス・イタリア・スペイン・フランスなどの国々で減少傾向にあります。

ファイル:LocationWHLatinAmerica.png - Wikipedia

しかしながら、CNNがジョンズホプキンス大学のデータを分析したところ、南アメリカ・中東・アフリカでは、依然として感染が加速していました。

リビア・イラク・ウガンダ・モザンビーク・ハイチについては、毎週新規感染者数が倍増、ブラジル・インド・チリ・コロンビア・南アフリカは2週間で新規感染者数が倍増しています。

WTOのテドロス氏は、「アメリカ大陸の感染者数が大部分を占めており、アメリカ大陸以外の感染者数を上回っている。」と話しました。また、「特に多くの感染が加速している、中南米についても心配している」と述べました。

WHOのマイクライアン氏は、中南米はまだ感染のピークに達していないと話しました。

世界の死亡者数に対しての中南米の死者数の割合は増え続けており、ブラジルの死者数は、34000人を超えました。感染者数合計は、61万5千人で、アメリカに次ぐ2番目になってしまいました。

韓国・ドイツ・中国など、感染のピークを超えた国々では、移動制限が解除されたりしていますが、クラスター(集団感染)が発生し、第二波の恐れが高まっています。

世界中では、これまでにおよそ660万人の感染が確認され、39万人が犠牲になっているということです。

インフルエンザ, インフルエンザの予防接種, ナースの無料の写真素材

新型コロナと比べられがちな「インフルエンザ」については、毎年世界で20-50万人が犠牲になっており、感染者数は世界で14-21億人と言われています。新型コロナについては、数か月でこの数字なので、インフルエンザと比べると感染者数は少なく、死亡者数は多い、「致死率が高い」結果になっています。8月・9月になっても新型コロナのニュースでもちきりになるのなら、このような比較のニュースもぽつぽつと出てくるのでは?と思います。

マスクあった | 自宅に以前買っておいたマスクがあった。別に着用する ...

私は本日、スーパーに行きましたがマスクがなんと50枚1000円で売られていました。大分値段が落ちてきているように感じます。暑い時期になると、以前のように気軽に買える値段になるのでしょうか・・・。

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.