普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

中国がオーストラリアのワイン輸入に最大212%の関税を課します

中国がオーストラリアのワイン輸入に最大212%の関税を課します

China slaps tariffs of up to 212% on Australian wine imports

https://edition.cnn.com/2020/11/27/business/china-australia-wine-dumping-intl-hnk/index.html

社畜
こんばんは。毎日ニュースブログの社畜です。本日は中国がオーストラリアのワインに高い関税をかけたというニュースを紹介します。

 

中国は、オーストラリアのワインに高い関税を課しました

オーストラリアのワインメーカーは、中国から大きな打撃を受けています。

中国の規制当局は金曜日、ダンピングの証拠を見つけたとした後、オーストラリア産のワインに対して高い関税を課すと発表しました。商務省は発表の中で、中国はオーストラリアのワイン輸入に対して107.1%から212.1%で関税をかけると発表しました。

この動きは、オーストラリア政府と中国政府との関係が悪化している中で、オーストラリアの企業が苦境に立たされることとなりました。

中国は、中国ワイン産業協会からの苦情を受けて、8月にオーストラリアのワイン輸入を調査すると発表しました。

当時、中国の規制当局はオーストラリア産のワインにおける、政府の不当な補助金に関する40件の申し立てを調査すると述べていました。
中国の商務省は現在、中国のワイン産業に「物的損害を引き起こしている」として、ダンピングの事例を確認したと報告しています。

 


中国は、オーストラリア産ワインの最大の輸入国です。今年9月に終了した直近の会計年度では、中国本土だけでオーストラリアのワイン輸出総額の39%を占めていたとされています。

オーストラリアのサイモン・バーミンガム貿易相は金曜日の記者会見で、「今回の措置は、ワインを中国と取引する企業にとって壊滅的な打撃だ」と述べました。 一方で、「不当ではあるが、それを裏付ける証拠はないと思います」とも話しています。

オーストラリアは今年、新型コロナウイルスのパンデミックの原因の調査を要求することで、中国を混乱させました。中国政府はこの件で、オーストラリアを貿易によって標的にしました。オーストラリア産牛肉の輸入を停止し、大麦に重い関税を課したのです。

ワインの関税は、オーストラリアと中国の両方が地域包括的経済連携(RCEP)と呼ぶ主要な貿易協定に署名した数日後に発生してしまいました。しかし、一部のアナリストは、RCEP自体は、両国の関係再構築に役立つ可能性があると考えています。

バーミンガム貿易相は、オーストラリアが世界貿易機関に問題を提起する可能性を含め、関税に異議を唱えると述べました。
バーミンガム氏は記者団に対し、「今年、オーストラリアの多くの産業に対する中国の貿易制裁は、これら(オーストラリアが中国に対して行ったコロナの責任追及)の行動や、他のいくつかの要因に対応して行われている」と述べています。

中国政府は今回の決定を擁護しました。声明の中で中国商務省は、「関連する中国の法律と規制およびWTO規則に厳密に従って」今回の関税引き上げが行われたことを強調しました。

中国は最近、オーストラリアと関係がほつれていることを認めています。先週、中国外務省のスポークスマンは、オーストラリアが両国間の関係の「急激な悪化」の責任を負うべきであると話しています。

「この状況を引き起こす責任は中国にまったくない」とスポークスマンの趙立堅は記者会見で言いました。
「オーストラリアは、中国に関連する一連の誤った動きをとってしまった。それは、中国とオーストラリアの関係が急激に悪化し、現在の困難な状況が生まれている根本的な原因だ」とも話したということです。

 

終わりに

RCEPという自由貿易協定に中国は参加しています。しかしながら、新型コロナで中国に対してネガティブな要求を行ったことを理由の一つとして、関税で処置するという選択を取っています。

今回はオーストラリアですが、もし日本が同様のことをしていたら、日本に対してもこういうことをしてくるのでしょう。

RCEPは日本がある程度主導的な役割を担うとされていますが、大丈夫ですかね??

こちらから要求はできない、ただし向こうの要求は飲まざるを得ない・・・という誤った関係にならないようにしてほしいと思います。

 

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.