普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

中国は「クリーンプレートキャンペーン」で食品ロスに取り組みます

中国は「クリーンプレートキャンペーン」で食品ロスに取り組みます

China addresses food waste with “clean plate” campaign

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/1297/

社畜
こんにちは!毎日ニュースブログの社畜です!本日は中国の食品ロス問題への取り組みに関するニュースを紹介します

 

 

中国でテーブルいっぱいに積まれた料理はもう見られなくなる?

中国の伝統的な夕食のテーブルは皿でいっぱい・食べ物でいっぱいに積み上げられています。そして、習近平大統領はそれを変えることを望んでいます。

習近平氏が言うには、現在の中国の食品廃棄物は、「衝撃的で苦痛を伴う」レベルであり、人々に適度に食べ、残り物を残さないように呼びかけるということです。

中国政府は、北京中の建物中に「お皿をきれいにしよう」などといった意味のポスターを貼っています。

習近平氏は、公式メディアを介して8月中旬からクリーンプレートキャンペーンを開始しました。そして9世紀の詩人の言葉を引用して、「プレート上のすべての食べものが、農家の努力によるものであることを知っていますか?」と尋ねました。

中国科学院と世界自然保護基金による2018年の調査によると、中国の都市部にあるレストランでは、毎年1,700万トン以上の食品が廃棄されています。それは年間3,000万人を養うことが出来る量だとされています。

 

 

 

何故このタイミングなのか?

実は習近平氏が食品ロスに取り組んだのは、今回が初めてではありません。彼は2013年に同様の問題を取り上げましたが、限定的な効果しか得られませんでした。

現在、新型コロナが食料安全保障に脅威となりつつあるため、彼は再びこの取り組みをスタートさせました。

中国は、米、小麦、とうもろこしなどの主食に関してはほぼ完全に食料自給率100%ですが、一部の食料品については、輸入に大きく依存しています。

国内で消費される大豆の85%が海外から持ち込まれ、そのほとんどがブラジル、米国、アルゼンチンから来ています。これら3か国は、新型コロナのパンデミックの深刻な影響を受けています。そして、中国政府とアメリカ政府との間の困難な関係は、食料の調達についても懸念を増しています。

中国の食料安全保障問題の専門家で、中国人民大学のチェン教授は、 「中国政府は、予測できない将来に備えるために、農業生産を強化しながら、食品ロスをなくそうとしています」と話しました。

 

 

ビデオ共有プラットフォームは、国営メディアによる批判の後で、過食症の人々のビデオクリップを削除しており、彼らは食物の浪費を助長していると批判しました。

そして、レストランはさまざまな方法でこのキャンペーンを後押ししています。プレートをきれいにする(自分で注文した食事を食べきる)と、顧客に領収書を提供するものもあります。他のレストランでは、お客さんが適切な量を注文し、すべて食べなければならないと、お客さん自身に思い出させることを確実にする「ダイニングモニター」を導入したりしています。

北京中心部のあるレストランでは、お客さんが実際、少し少ない量の食事を探していた可能性があることがわかりました。そのため、北京ダックなどのハーフサイズの料理を提供し始めたところ人気が高く、利益が20%増加したというところもあります。

 

フードロスは撃滅されるのか??

しかしながら実際問題、古い習慣を取りやめることは難しいです。チェン教授は問題を解決するために、今やっているポスターと、お客さん自身が自主的にイニシアチブをもって取り組むこと以上を必要とするかもしれないと言います。

チェン氏は、「中国の人々はゲストをもてなすのが好きで、ゲストが訪ねてくると、テーブルを皿でいっぱいにします。これは中国の古くからの習慣であり、これを変更するには長い時間がかかると思います」と彼は話します。

彼は法律や、新しい規制がクリーンプレートキャンペーンに変化をもたらすための良いの方法であると信じています。

事実、中国の立法府である全国人民代表大会は、その選択肢を検討していると伝えられています。

中国は、全体として今年の夏の初めに壊滅的な洪水の被害を受けています。国の一部で、既に作物の被害に直面しているので、習近平氏は共産党のリーダーシップを損なうような、深刻な危機に巻き込まれる前に食料問題に取り組もうとしています。そういう意味では、クリーンプレートキャンペーンは最初のステップにしか過ぎないと、締めくくられています。

 

 

おわりに

以前も食品ロスについては一度記事にしました。

もしよければそちらもご覧ください。

中国のレストランチェーンが謝罪。お客さんの体重から食べるべき量を計算していた

 

 

本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.