普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

リメンバー・パールハーバーの記念式典が開催されました

リメンバー・パールハーバーの記念式典が開催されました

Ceremony held to remember Pearl Harbor

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20201208_11/

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です。本日は、第二次世界大戦の真珠湾攻撃に関する記念式典が開かれたというニュースを紹介します

 

真珠湾攻撃から79回目の年がやってきました

ハワイのオアフ島で、月曜日、79回目の真珠湾攻撃に関する記念式典が開かれました。

新型コロナウイルスのパンデミックにより、イベントへの参加は大幅に制限されました。式典は、米国の退役軍人などがオンラインで視聴できるように、港を見下ろす公園からライブストリーミング配信されました。

真珠湾攻撃が始まった午前7時55分にベルが鳴った後、犠牲者を思い出すために黙祷がささげられました。アメリカを第二次世界大戦に巻き込んだ1941年のこの攻撃で、約2,400人が死亡したとされています。

太平洋艦隊司令官のジョン・アクイリーノ提督は、79年前の犠牲者が、今日、世界中の国々に平和、安定、繁栄をもたらしたと語りました。

彼は、「私たちは彼らが犠牲になったことを覚えています。そして、より良く、より安全な世界になるように努力し続けることを誓います」と述べました。

(新型コロナのため)真珠湾攻撃の説明を直接できなくなってきています。そのため、アメリカ政府は学校と真珠湾を結ぶ最初のオンラインクラスを開催しました。

5日間で約2,400人の学生が参加し、彼らは、真珠湾攻撃時の国際情勢と、後世に歴史を伝えることの重要性を学びました。

小中学生は、なぜアメリカが攻撃を防げなかったのか、なぜ今の日本とアメリカが友好的であるのかなどの質問をしたということです。

このバーチャルプログラムは、パールハーバー国立記念館の教育長代理であるスコット・バーチ氏が主導しました。彼は、悲劇的な出来事と和解がどのように達成されたかについて学ぶことは、学生が世界をよりよく理解するのに役立つと話しました。

 

終わりに

第二次大戦からもう75-80年位はたってます。その頃に子供だった人も、もう生きているかどうかというところまで来ています。

それでも、こうやって毎年慰霊的な行事を行っているというのは凄いですし、次世代まで語り継ごうという意思を感じます。

日本でも、もしかしたらこのような行事が続けられている地域もあるのかも知れませんが、私はあまり聞いたことがありません。

 

戦争の歴史は、卑下するものではないと思いますが、事実ベースで語り継ぐこと自体は大事なことだと思います。自分の子どももそうですが、歴史に興味を持ってくれる人が増えれば良いと思います。

 

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.