普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

お金持ちがニューヨークに医療品を寄付

お金持ちがニューヨークに医療品を寄付しました

Billionaire donates medical supplies to New York

https://edition.cnn.com/world/live-news/coronavirus-pandemic-04-04-20/h_66f95f5294715d1c8d224efdb641c4b2

あるお金持ちがニューヨークに医療品を寄付したというニュースを紹介します。通販サイト「アリババ」共同設立者の一人、ジョセフ・ツァイ と、彼の妻のクララ・ウーがアメリカに医療品を寄付しました。

その数、マスク260万枚、17万個のゴーグル(安全メガネのことだと思います)、2000個の人工呼吸器だそうです。

ツァイ氏は、ブルックリンのバスケットボールチームとバークレイズセンターアリーナを所有していて、ニューヨークに結びつきがありました。

クララ氏は、PPE(保護具のこと)についての叫びをコミュニティから聞いており、支援したかったと述べ、サービスが不十分なところを助けたかったと言っていたということです。

クララは支援が必要な場所について下記をターゲットにしていたそうです。

  • クイーンズのブロンクス
  • エルムハースト病院のジャコビ医療センター
  • リンカーン医療センター

また、2000台の人工呼吸器は、意識がない人には使用できないタイプだということ。

海外のお金持ちが支援してくれるケースが散見されているようです。日本でもどこかの保育園にマスクが届けられたりしているみたいですが。新型コロナは世界的に問題になっていますので、これからもこういう私財をなげうって何か寄付したりするような動きは増えてきそうですよね。

それでは、最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

明日は月曜日!新しい1週間に向けてリズムを作ろう!

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.