普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

アマゾンが独自のゲームサービスを発表

アマゾンが独自のゲームサービスを発表

Amazon launches its own gaming service. Can it stand out?

https://edition.cnn.com/2020/09/24/tech/amazon-cloud-gaming-luna/index.html

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です!本日はアマゾンが独自のゲームサービスを開始したというニュースを紹介します

 

 

アマゾン発のゲームは、クラウドサービスで楽しむ

Amazonは、「ビデオゲーム向けネットフリックス」サービスにその重みを置いている、大手企業です。Amazonがゲーム業界に参入するという噂が流れた数ヶ月後、Amazonは、ルナと呼ばれるプラットフォームで、クラウドゲームを出来るようにすると発表しました。

「ルナ」はソフトウェアと物理コントローラーのセットのことを言います。物理コントローラーは、オプションとして49.99ドルで購入できます。これは、Fire TV、PC、Mac、モバイルデバイスに接続できます。人々は早期アクセスにサインアップすることができ、正式な招待は10月中旬頃から始まります。

 

このサービスはAmazon Prime VideoやTwitchと少し似ており、月額料金で個別に購読できるチャネルを備えています。これまでのところ、Amazonは月額5.99ドルの「Luna +」チャネルの価格のみを発表しており、「バイオハザード7」、「コントロール」、「パンツァードラグーン」などのゲームが含まれます。 更にAmazonは、「アサシンクリードヴァルハラ」などのゲームを、提供するためにUbisoftチャネルと提携するように考えているようです。これに関しての月額料金はまだ決まっていません。

そして、Amazonは独占的なパートナーシップやゲームについては、まだ発表していません。
「ルナ」は、長時間のダウンロードや、コンソールのストレージスペースが足りなくなったりする人たちを感動させるでしょう。 ルナアプリまたはWebページを開き、ゲームを選択すると、直後にゲームをプレイできます。ゲームをデバイスに直接ダウンロードしたり、専用のハードウェアを買ったりする必要はありません。

 

アマゾン社は、消費者が選ぶことが出来るオプションや、ゲームそのものを簡単にする方法を作りたいと話しました。

「私たちのビジョンは、遠い道のりであり、ゲームというジャンルにとっては少し複雑です。そして、価格が高すぎます。そのため、このルナは私たちの答えであり、お客さんは、面倒臭さが取り除かれ、ゲームをプレイするのに役立ちます」ルナのディレクターであるガビ・ナイト氏はCNN Businessに語りました。

 

ルナのサービスは、2014年から利用されているソニーのPlayStation Nowサービスや、Google Stadia、Microsoftのプロジェクトxクラウドなどの新しいサービスを含む競合の仲間入りをします。

これらのサービスはすべて、一部のユーザーには好評ですが、一般のゲーマーの主流になっているわけではなく、最高だと言われるようなサービスはまだ出てきていません。

「私たちは、クラウドゲーム業界に参入する初めての組織ではありませんが、クラウドアクセスの未来を構築するために、この早期アクセス期間を試していきたいと考えています」とナイト氏は話しました。

 

コントローラというハードウェア製品から、インスタントストリーミングゲームプレイまで、ルナはおそらくGoogle スタディアに最も似ています。しかし、Googleにはいくつかの価格帯とアドオンがありますが、Amazonが発表した、チャンネルごとにお金を払うモデルは状況を一変させ、クラウドゲームに不慣れな人にとっても、アクセスしやすくなる可能性があると主張しています。

「AmazonはGoogleよりも価格が安いという点で優れています」と、ビデオゲーム投資会社ニュー・ブルーケルンの創設者であるジョースト・ヴァン・ドローネン氏は話します。 「Googleは、スタディアに対して月額15ドルを消費者に請求するモデルです。それでも、別途ゲームを購入する必要があります。一方で、Amazonがやろうとしていることは、ビュッフェスタイルです。6ドル/月の支払いで、払った金額以上に楽しんでいただけると考えています」

 

Amazonは、ゲームの多様性で、Googleやコンソールメーカーを含む他のライバルと差別化しようとしています。Amazonは多くの有名なゲームと、急成長中のクラウドビジネスアマゾンウェブサービスであるTwitchをすでに持っています。

実際、ルナはゲームをプレイするTwitchストリーマーを呼び込み、Twitchは逆にルナへのリンクを呼び込むことで、AmazonがTwitchの数億人の視聴者を活用し、その新しいサービスのための顧客を呼び込むことが出来ます。

「私がルナについてクールだと思うことは、ゲーム配信を見て、それが本当に自分に合ったゲームかどうかを判断できることです」とルナディレクターのナイト氏は言いました。 「つまり、ゲーム自体だけでなく、自分の好きなゲームのゲーム配信者を発見することにも役立つと思います」

 

おわりに

昔は、ゲームは据え置きが主流でした。そこから、携帯ゲーム機が発売され、PCゲーム、ストリーミングゲームの時代が来ています。

もうすぐPS5が発売されますが、今回アマゾンが発表したような、クラウド上でゲームが遊べるのはとても素晴らしいことだと思います。

一方で、最新のゲームを遊ぶためにはそれなりのPCスペックが必要でしょう。自作PCを組むくらいの知識は欲しいですね。切実にそう思います。

もしかしたら、もう5年後10年後は、今の据え置き機のような感覚で、1家に1台のゲーム用PCを持つような時代になるかも知れません。

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.