普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

安倍総理、日本の総理としての最長記録の日に病院へ / 新型コロナと総理

安倍総理、日本の総理としての最長記録の日に病院へ / 新型コロナと総理

Japan's Shinzo Abe returns to hospital on day he becomes country's longest-serving Prime Minister

https://edition.cnn.com/2020/08/24/asia/shinzo-abe-health-tenure-intl-hnk/index.html

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です!本日は久しぶりに日本のニュースを紹介します。最初は、安倍総理の通院について、2つ目は全体的な新型コロナ対策と、支持率などについてが書かれています

 

 

歴代で任期が最長の総理大臣へ

日本の安倍晋三総理大臣は、月曜日に病院へ戻りました。この日は、安倍総理が歴代の総理大臣で、最も任期が長い総理大臣となる記録的な日でした。

安倍総理:世界第三位の経済大国の総理大臣は、現在2,799日間の間総理大臣を務めています。2番目の記録、安倍総理の大叔父で1972年に辞任した、佐藤栄作首相の過去の記録を上回りました。

首相は月曜日に病院を離れた後、記者に簡単なコメントをしました。

安倍総理は、何(どこ)が問題であったかは話しませんでしたが、「非常に困難な時期だった時も、支えてくれた人々」への感謝を表明しました。

そして、「先週行った検査についての結果を聞きました。そして、追加の検査を行いました。自分の健康に気を配りながら、仕事を頑張っていこうと思いました。追加検査については、今後知らされると思います」とも話しました。実際に行った検査の詳細についての話はありませんでした。

安倍総理は、難治性の炎症性腸疾患である大腸炎に苦しんでおり、2006年から2007年にかけて、国のリーダーとしての最初の任期中に辞任を余儀なくされました。

安倍総理は、2012年に再び総理大臣になりました。

菅官房長官は、月曜日の病院への訪問は、先週の健康診断のフォローアップであり、安倍総理の体調について「注目すべき変化」は見られなかったと述べました。

実際の所、安倍総理の健康状態がどれだけシリアスなのかは分かりません。しかし、彼の周りの人たちは、投薬が安倍総理の症状を抑制していると話しています。

リーダーとして、安倍総理は国の停滞した経済を復活させると信じられていますが、巨額の政府債務や高齢化問題などが大きく迫っています。

しかし、先週初めて、安倍首相の健康が日本の政治の論点になりました。安倍総理はすでに、新型コロナの扱いについて批判に晒されています。そして、有権者の指示は低下しており、加えて彼が辞任するのではという憶測も飛び交っています。

安倍首相は先週、東京の病院で6時間以上過ごし、首相と密接な関係にある情報筋が「進行中の腸の病気」と説明しました。

情報筋~と言われている個人は、安倍総理の健康について公式に話す権限がなかったため、匿名の条件で話したということです。CNNは、総理官邸に対してコメントを求めています。

 

 

日本の新型コロナ危機

安倍首相の最近の健康問題が、彼に辞任を強いる可能性があるという政府からの明白なコメントはないものの、安倍総理のパンデミックとその後の経済危機への対処は、安倍総理に反対する人たちをオープンにしました。

7月中旬以降、日本で新型コロナの感染者数が増え続けています。政府と医師は、より多くの症例が発生している理由は、検査数が増えている結果であると言いますが、彼らはまた、世界で最も急速な高齢化社会の日本で、深刻な病気の数が増えてしまったことを心配しています。

一部の人々の間では、社会的距離をとる措置に対しての疲れからか、東京の街は日中の間は密な状態になってきています。パンデミックが始まって以来、国内で確認された63,219件の感染者のうち、半数以上が7月1日以来に記録されていますが、政府は5月のような緊急事態を宣言する計画はないと述べています。

また、新型コロナは経済活動をひどく弱め、長年のデフレからの脱却を目指す「アベノミクス」の多くを覆しました。日本は、記録的なGDPの悪化を報告し、第2四半期は前四半期と比較して7.8%も減少しました。その結果、年間の減少率は27.8%になり、1980年に記録が始まって以来最悪の事態になっています。

安倍総理の新型コロナ対策と、それに伴う景気後退への世論も揺らいでいます。日本最大の新聞の1つである、毎日新聞による世論調査では、58.4%の人が安倍首相のパンデミックへの対応に満足していないことがわかりました。そして彼の支持率は36%に低下しました。安倍首相が2012年に2度目の就任して以来で、最低の数字です。

安倍総理のライバル勢力(野党勢力)は、総理のウイルス対策と深刻化する景気後退により、首相が辞任する可能性に備えています。政治アナリストは、安倍総理の健康問題が、彼の将来についての不確実性・緊急性を露わにしてしまったと締めくくられています。

 

 

おわりに

安倍総理も、人間です。年を取ればどこかしら悪くなるでしょうし、病院にも行くでしょう。とはいえ、政府の公式ではないとは言え「投薬で抑えている」というのは気になります。

仕事をするには、体が資本です。しっかり治療して、日本のかじ取りして頂ければと思います。。。

 

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.