普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

EUが、新しい移民システムを提案

/EUが、新しい形の移民システムを提案しました

EU proposes new migration system

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20200924_12/

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です!本日は、移民に悩むEUが、新しいシステムを提案したというニュースを紹介します。

 

皆で移民を負担?移民の分担システムをEUが提案

EUの行政機関は、さまざまな形の支援を通じて、移民を管理する責任を共有するようEU加盟国に求める計画を​​提案しました。

欧州委員会が9/23(水曜日)に発表した計画は、移民問題でEU加盟国間の対立を引き起こした問題の解決策を提供することを目的としています。

計画では、EU加盟国に移民の受け入れ枠を割り当て、移民や難民を受け入れたくない国々は、移住を拒否された人々を国外追放する責任を負う(ほかの国の割り当てを超えた移民を送還したりする手続きを助けたり、サポートする人員を派遣したりする)よう求められます。ギリシャやイタリアなどの加盟国は、中東やアフリカからの大規模な移民流入の最前線にいます。これらの国々は、他のEU加盟国が移民を受け入れる負担を分かち合うことを望んでいます。

しかし、ポーランド、ハンガリーをはじめ、他のいくつかの国はこれを拒否しました。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デル・レイエン大統領は、この新しい計画について、EU加盟国間の信頼を再構築し、政府の移民管理能力に対する市民の信頼を回復するための、ヨーロッパ全体の解決策と呼びました。

彼女は、今年の終わりまでにすべてのEU加盟国から、移民を分かち合う計画の承認を得ることを望んでいると言いました。

イタリアはこの提案をすぐに歓迎しましたた、そもそも難民の受け入れに消極的である国々がどのように対応する・賛成してくれるのかは依然として不透明だと締められています。

 

 

感想

移民について、一概に悪い物とは言いませんが、外国人の割合が増えると生活保護や、永住権、選挙権等の問題が噴出してきます。

英文にも書いていますが、国のキャパを圧迫するという一面もあり、受け入れすぎるのも問題でしょう。

更に文化の違いなどもあるので、その辺りの整備にもエネルギーを使うでしょうし、移民問題は永遠のテーマだと思います。

特にヨーロッパのような地続きの地域は、どこかしらの国境から人が入ってきますし、大変だなと感じます。

 

[日本に生まれて幸せ]

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.