普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

日本がイージス艦を2隻追加建造します

日本がイージス艦を2隻追加建造します

LDP lawmakers OK plan to build 2 new Aegis ships

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20201209_18/

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です。本日は日本がイージス艦を追加で建造するというニュースを紹介します

 

新しいイージス艦を建造するための承認が下りた

日本の与党議員たちは、弾道弾迎撃ミサイルシステム(イージスシステム)を搭載した2隻の新造船を建設するという、国防省の計画を承認しました。

岸信夫防衛相は、水曜日の自民党の防衛安全保障会議で計画を説明しました。

防衛省の計画は、イージスアショアとして知られる陸上ミサイル防衛システムの代替案の1つでした。イージスアショアの計画は破棄され、船舶ベースのシステムを選択するという省の決定は、民間の調査に基づいて行われました。

岸氏は、日本が継続的に国を防衛できるようにするために、2隻の新しい船が必要であると強調しました。

そして、防衛省は、海上自衛隊のイージス艦隊に2隻の船を追加する計画を進めると発表しました。

岸氏はまた、会議で「撃ちっ放しのミサイル」を開発する計画について出席者に語ったとされています。 「撃ちっ放しミサイル」は、現在のモデルよりもはるかに長い射程距離を持つ、対艦ミサイルの一種です。岸氏は出席者の同意を得て計画の作成を進めていると言います。

今回の件について、日本政府は、早ければ来週にも新しいイージス船の建造を内閣に承認してもらう予定です。そして、4月から始まる翌年度の予算を組む際に、必要な資金を計上する予定です。

加藤勝信官房長官は、このイージス船建造計画で国全体を常に守り、あらゆる状況に対応できる防衛体制を構築できると記者団に語りました。

人員的な意味で、新計画は海上自衛隊に大きな負担をかける可能性が高いとされています。加藤氏は、MSDF(海上自衛隊)が、多くの人員を維持・募集するための包括的な措置を講じることにより、負担を軽減しようとすることを期待しているとも話しました。

 

終わりに

イージスアショアの計画を破棄し、結局イージス艦に原点回帰するという方針になるようです。

日本は島国なので、海に船が多いことに越したことはないと思います。個人的には大賛成です。

しかし、維持コストもかかると思いますので、十分に議論した上で結論を出して欲しいと思います。

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.