普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

巨大なサンゴ礁が、オーストラリアで発見される

巨大なサンゴ礁が、オーストラリアで発見される

'Massive' coral reef taller than the Empire State Building discovered in Australia

https://edition.cnn.com/travel/article/great-barrier-reef-skyscraper-intl-scli-scn/index.html

社畜
こんばんは!毎日ニュースブログの社畜です。本日は、オーストラリアで巨大なサンゴ礁が発見されたというニュースを紹介します

 

500メートルのサンゴ礁の山が見つかる

オーストラリアのグレートバリアリーフで、500メートル(約1,600フィート)もの「巨大な」新しいサンゴ礁が発見されました。500メートルという高さは、世界で最も高い高層ビル群のいくつかよりも高くなっています。

科学者たちは、調査船ファルコール号での遠征中に、120年以上ぶりに、ノースクイーンズランド沖で新しいサンゴ礁を発見したと、海洋研究機関が発表しました。
科学者がグレートバリアリーフ北部の海底の水中マッピングを完了したとき、サンゴ礁が姿を現しました。
新たに見つかったサンゴ礁の高さ500メートルで、エンパイアステートビル(最上階まで381メートル)、シドニータワー(305メートル)、ペトロナスツインタワー(451.9メートル)よりも高いという結果になりました。

チームは、「セバスチャン」という名前の水中ロボットを使用して、サンゴ礁を探索し、探索している途中のライブストリーミング映像を公開しました。
専門家によると、「刃のような」サンゴ礁の底は幅1.5キロメートル(約1マイル)で、海面下40メートルの最も浅い深さまで500メートルの高さまで成長していたということです。

この地域には、このサンゴ礁のほかにも、アオウミガメの重要な営巣地であるレイン島のサンゴ礁を含む、7つもの背の高いサンゴ礁があります
調査隊を率いたロビン・ビーマン氏は、この発見に「驚いた」と語りました。

 


また、「サンゴ礁を詳細に3Dマッピングするだけでなく、水中ロボットを用いて、この発見を視覚的に確認したことは素晴らしいことです」と彼は声明で述べました。
シュミット海洋研究所の共同創設者であるウェンディ・シュミット氏は声明のなかで、「この予期せぬ発見は、私たちが海を調査し、未知の構造物などの発見を繰り返し続けていることを裏付けている」と語りました。

「海の中にあるものについて、私たちは限られたことしか知りません。深海で私たちの目、耳、手として機能する新しいロボット技術のおかげで、私たちの探索能力は、かつてないほど上がっています。海の中を知ることで、同じ地球を共有する生き物たちが明らかになっていきます」

世界最大のサンゴ礁であるグレートバリアリーフは、1,500種以上の魚、411種のサンゴ群、その他の生き物たちが生息しています。
しかし、サンゴ礁は危機に直面しています。最近の調査によると、過去30年間でサンゴ礁の個体数の50%が失われています。

その主な原因は、気候変動によるものだと言われています。

 

終わりに

海の中には、ロマンがあります。宇宙もそうですが、海中というのは、意外に判明していないことが多いです。広すぎて探索も面倒だと思いますし、深すぎて探索が難しいというのもあるでしょう。

今回は、新しいサンゴ礁が発見されましたが、世界の海には、もっとすごいものが隠れていると思います。人類が知らない生物が多く生きているかと。

宇宙に関しては、各国がかなりエネルギーを使って研究など行っていますが、近くて遠い海の中についても、調査が進み、地球の不思議が改名されていけば良いなと思います。

 

 

それでは、本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.