普通のサラリーマンである社畜が、おもしろそうなワールドニュースを毎日紹介します。

ワールドニュース

中国は、10人の香港活動家に懲役刑を言い渡した

中国は、10人の香港活動家に懲役刑を言い渡した

China sentences 10 HK activists to prison terms

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20201230_13/

 

中国で、香港活動家たちが懲役刑を言い渡される

中国の裁判所は、中国の沿岸警備隊に拘束された香港活動家たちが、台湾に逃げようとしたということを理由に、最長3年の懲役を言い渡しました。

12人の民主化運動家と学生は、8月にボートで台湾に入ろうとしたタイミングで、中国の沿岸警備隊に拘束されました。彼らは後に不法に海域を航行したという罪で起訴されました。

12人の活動家のほとんどは、香港での反政府抗議に関連して逮捕され起訴された後、台湾に脱出することを試みている時点で一度保釈されていました。

水曜日、香港に隣接する中国南部の都市深センの裁判所は、不法移民を組織したとして、男性と女性にそれぞれ3年と2年の懲役を宣告しました。

12人のうち8人は、7か月の禁固刑を言い渡されました。

中国の検察官は、18歳未満の2人の10代が拘留された際に、この2人は起訴しないことを決定しました。二人は尋問のために香港の警察に引き渡されました。

中国の裁判所は、12人の容疑者全員が、自分が有罪であることを認めたと述べましたが、訴訟の詳細は明らかにしていません。

活動家たちの家族は、訴えられた活動家たちが、自分の選んだ弁護士と接触することを禁じ、裁判を見ることを許可しなかったとして、中国当局を批判しています。

イギリス、EU、およびアメリカは、透明性に欠けるとして、中国政府が言う訴訟手続きについて、懸念を表明しているということです。

 

おわりに

このニュースだけでは、香港活動家たちが適正な理由で逮捕し、有罪となり、懲役刑を言い渡されたのかがイマイチつかめませんでした。

強引な方法で有罪にされたのかも知れませんし、普通にヘイトのようなことを行っていて、目を付けられていたのかも知れません。

ただ、「保釈中に台湾に逃げようとしたから」(国外脱走?)という理由もあるので、普通に法律違反していた面もあるのでしょう。

台湾関係は、中国でも繊細な話題だと思いますので、活動家の人たちは複雑だと思います。

とはいえ、発信しなければ内情が分からないですし、保守系メディアなどと協力しながら(保守メディアがあるかは分かりませんが)身を守りながら主張していければ良いですよね。

 

 

それでは、本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-ワールドニュース

Copyright© 生き抜け!社畜の毎日ニュースブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.